旅行、撮影会などで撮った写真を主体に発表します。


by seburi69
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

わがフォトネット春日の今月のバスハイクは、毛利博物館、毛利邸園と一貫野の藤と豪華な内容でした。
毛利博物館で、殿様の接見の間みたいなところで豪華な椅子に座り、博物館長自らの説明でした
この建物はお殿様の邸宅であり、明治初期の長州藩の力を見せつけるように贅の限りを尽くした建物でした。明治の元勲井上薫が用地を選定したといわれる5万3千平方メートルの豪壮なものでした。
材料は木曽ヒノキ、屋久島杉を使用しており、ヒノキの一枚板の一間幅の廊下、各部屋の
シャンデリア等豪華なものでした。
博物館では、雪舟の「四季山水図」はこの時期展示されていなかったが、
毛利元就自筆の三子教訓状のほか千利休自作の茶杓など国宝級のものが展示されていました。
庭園は木が大きくなりすぎて、昔と比べて狭く感じました。
次に行った一貫野の藤、川の真ん中に野生の藤の巨木、これから水の流れ
にたれ下がる花房、雨の中しっとりと濡れて申し分のない雰囲気を醸していましたこれほど
豪華な風景は見たことがありませんでした。ということですべて印象に残る撮影会でした

b0037162_12245970.jpg


b0037162_12253880.jpg


b0037162_12264510.jpg


b0037162_12273057.jpg


b0037162_1230589.jpg



b0037162_12314551.jpg



b0037162_12335081.jpg



b0037162_12342565.jpg

# by seburi69 | 2017-05-25 12:34 | Comments(0)